固定電話の普及が減ってきた

遠距離恋愛をしていた頃、小銭を使い公衆電話から電話をしていました。その後テレフォンカードを使うようになった。

固定電話の普及が減ってきた

遠距離恋愛をしていた頃公衆電話を使って電話していた

私は高校生の頃に今の奥さんと遠距離恋愛をしていました。鹿児島県と徳島県との遠距離恋愛だったので、会いたくてもなかなか会えず寂しさを紛らわすように毎日のように電話で話をしていました。話す内容はその日にあった事をお互いに話したり、お互いの幼少時代の思い出など色々な話をしていました。毎日電話をしていたので知らないうちに家の電話料金が大変な金額になっていて親に怒られてしまいました。

親も私が遠距離恋愛をしている事に気付いていたようで、しつこくは怒られませんでしたが、だらだらと長電話をする事は禁止されてしまいました。部屋に置いてあった子機も取り上げられてしまいました。それでも電話で話したくて家の電話が駄目ならばと公衆電話を使う事を思い付きました。最初は小銭を使って電話をしていたのですがすぐに切れてしまうので、テレフォンカードを購入して電話をするようになりました。

彼女へのプレゼントとして手紙と一緒にテレフォンカードを贈るととても喜んでくれました。テレフォンカードを使いながら電話をするようになり、たまに家の電話で話す事で家の電話料金があまりかからないように努力していました。そのうち携帯電話を持たせてもらうと、3つの電話を使い分け彼女との電話をするようになりました。