固定電話の普及が減ってきた

携帯電話が普及してから、電話よりもメールを使用する人が増えています。家に電話を置かない家庭も増えています。

固定電話の普及が減ってきた

携帯電話の普及により電話よりメールに。

今の時代、一人に一台は持っているであろう携帯電話ですが、普及と共に家に電話を設置しない家庭が増えているようです。確かに携帯があれば、どこに居ても連絡が取れますし、必要が無くなってきているのかもしれません。昔は、皆で一台を共有していましたから、特別な物の一つでしたね。思春期には、親に隠れてこっそりなんてこともありました。相手の親が出ると取り次いでもらうのにドキドキしたものです。今はスマートホンや、メールの普及によりわざわざ話すことよりも手軽に連絡できるメールが当たり前になってきたように感じています。

確かにメールは好きな時に返信することができますから、お互いが気を遣わないで送りあえるので便利なのかもしれません。しかし、文字の羅列だけのやり取りですから、意味合いを違うように取られてしまったり、どのような気持ちで送られてきたのかわからなくて、トラブルや誤解になりやすいとも感じています。その点は、声を聞いてどんな雰囲気で話しているかを感じられる電話の方がコミュニケーションとしては正常な判断ができるのかもしれませんね。いつでも連絡できるというのは、常に誰かと繋がっている意識になりやすいので、依存気味になってしまう人も多いのかもしれません。うまく距離感を持ち使用できるのが好ましいですね。

人気の電話は、役立つこのホームページでチェック。