固定電話の普及が減ってきた

インターネットが普及して、メールでのやり取りが増えても、電話を使って通信する便利さに変わりはありません。

固定電話の普及が減ってきた

今も昔も変わらぬ電話の効用

初めて銀行や郵便局にATMが導入されても、機械に慣れないお年寄りなどは、依然として窓口でお金を下ろす人が少なくありませんでした。間違えることを恐れるからでしょう。こうした傾向は、いわゆるネット販売を使うかどうかという選択と共通点があります。既に定着したテレビショッピングやカタログ通販を利用している人は少なくありませんが、何年か前からこうした通販も、インターネット上で同時に買えるようになっています。しかしカタログで買うのに慣れた人は、電話を使って注文している人が多いのではないでしょうか。もしネット上で買った方がより安く買えるなら、こうした人も購買方法をネット通販に変えるのでしょうが、そうでなければ電話の方が簡単でよいと思う人は少なくありません。

というのも電話であれば、煩わしいキーボードを触らずに済む上、オペレーターに色々聞くことができるからです。どんな電話であっても、声を聞くだけで相手がどんな人であるかは、大体想像できるものです。電話で直接話すことは、相手との関係を確かめることでもあり、文字だけのネットでは不安な事も確認することができるので、それだけ安心感があるわけです。現代の若者の中には、直接話すよりメールの方がよいと思う人もいるようですが、今も昔も電話の効用は変わらないのです。

人気の電話は、役立つこのホームページでチェック。