固定電話の普及が減ってきた

会社の電話に出るのが苦手な若者がいます。誰から誰に掛かってきたのかが出てみるまで分からないのが不安なようです。

固定電話の普及が減ってきた

会社の電話に出るのが苦手な若者は多いようです

電話という通信手段を使ったことのない人はいないと思います。小学生や中学生でも携帯電話で話す姿を街中ではよく見かけます。ですから、今の若い人なら、子供のころから携帯電話を持っていた人も多いです。にもかかわらず、就職をしたばかりの若者の中には、会社で電話に出るのが苦手だという人がいます。その理由は、携帯電話と会社にある固定電話との違いにあるようです。

その違いとは、携帯電話は、出る前に誰から掛かってきたのかが、ほとんどの場合分かります。メモリーに登録されているからです。しかし、会社の電話は、そうではありません。電話に出てみないと誰から掛かってきたのかが分かりません。さらに、もひとつ大きな違いがあります。それは、携帯電話なら、自分に用事がある場合にしか、掛かってきませんが、会社の電話は、出るまで誰に用事で掛けてきたのかが分かりません。つまり、誰が誰に掛けてきたのかが分からないということが不安で、出来ることなら会社では電話に出たくないというのです。言葉遣いや挨拶の仕方など、新卒の社員が戸惑うことが社会にはたくさんありますが、意外にも、子供のころから慣れ親しんでいるはずの通信手段にも苦手な要素があるようです。

人気の電話は、役立つこのホームページでチェック。