固定電話の普及が減ってきた

離れて暮らすご家族に意欲的に携帯電話を使って頂くことで、安心して生活を送ることができます。

固定電話の普及が減ってきた

ご老人に携帯電話をプレゼントすれば、離れていても安心できる

子どもからご老人まで一人一台以上携帯電話を持つ時代になっています。知人・友人と連絡が取り合え、情報収集や時間つぶしなどもできる便利さで自分から持つ人が大半ではありますが、中には自分の意志ではなく、家族から持たされている場合もあります。離れて暮らすご老人の体調が思わしくなく、家族が不安になったりしたときにも携帯電話を持たせることで安心して暮らすことができるからです。

ご老人向けのスマートホンでは大きな文字でよく使う機能を使いやすくしていますし、携帯電話を操作したときに指定した方にメール連絡が届き、健在が確認できる機能なども用意されています。また、GPS機能は、持ち主がどこにいるかも分かるので子どもにも使って頂きたい機能です。文字打ちが苦手な方はボイス認識機能を使うこともできます。何より、家の固定電話を持っていたとしても外出先には持ち歩けずこまめに連絡が取れる安心感は代え難いものがあります。

しかし、携帯電話はスマートホンが主流になった今、「使い方がわからない」と敬遠するご老人も多くいらっしゃるようです。受け入れて貰えなければもったいないことになってしまうので、プレゼントする時に一緒に操作して初期設定は済ませてしまうのがよいでしょう。また、メールや電話の方法も何度か一緒に試してみて、是非ご本人に活用してもらうべく努力しましょう。