固定電話の普及が減ってきた

電話は固定のものが減ってきて、携帯だけ持つ人が増えてきたように感じます。二つも持つ必要がないというものです。

固定電話の普及が減ってきた

固定電話の普及が減ってきた

電話というと家に備え付けの固定電話というのが一般的でした。子供の頃にはまだ、黒電話が家にあったので、ダイヤルを回して電話をしていました。でも今は携帯電話の普及が多くなってきて、わざわざ固定の電話が必要ないと言う人も多くなってきました。若い人で一人暮らしなら、本当に固定のものはないおうちが多いと思います。携帯で十分対応できるようになってきました。今の携帯電話は電波もかなり強くなってきたので、大概の所でつながるというのも大きな要因かもしれません。ちょっと前まではつながらないエリアというのが存在しました。

地下などに入った場合はつながらないですが、そういう状況特殊になってきます。一つ電話があれば、十分という考え方もあるとは思います。それに、固定では家でしか電話に出ることは出来ないですが、携帯なら外でも中でもどこでも電話に出ることができるし、手元にあるので、いつでも出ることができます。そういう便利さがあるので、こっちだけを持つ人が増えてきてるのかなと思います。でも充電がきれてしまったら、これはもう使えない状況になってしまいます。そうなると固定があるほうが強みではあるなと感じます。安定した電波はこちらですね。

人気の電話は、役立つこのホームページでチェック。